農家の誰しもが考えるであろう、野菜の宅配サービスについて

農家活動

野菜の宅配サービスといえば、オイシックス

有名なサイトといえば、Oisix(オイシックス)でしょうか?

画像クリックで公式ホームページ

まず、送料無料というのが驚きですよね!
仮にうちで作っている野菜を詰め合わせで販売して、仮に購入してもらったとして…
郵送だけで1000円くらいはいくでしょう。
相応の付加価値が認められないと、まあ注文すらされませんよね。

また、野菜の宅配だけではなく、こういうキット(野菜+レシピ)の販売もしてくれます。

画像クリックで公式ホームページ

うーん…かゆいところに手が届く!!
というか、サービスとして強すぎる!!

ちなみに、現在は旬の食材付きお試しセット4000円(税込)相当が!
なんと!
1980円(税込)!!

「えっ?1980なんですか!?」
「まー安い!お買い得ですね!」
…通販番組かよ。

画像クリックで公式ホームページ

こんなボタンまで用意されてたし…
勉強されてもらおうかな…
農業に片足突っ込んだ者としては、やっぱ興味あるのよなあ。。。

もし、自分が野菜の宅配サービスを始めるなら

まあ、妄想の段階なんですけどね…
やっぱり何かしらの加工は避けて通れないのかなあ、と思っています。
そこで今考えているのは、ドライです。
幸い、宮崎は切り干し大根が有名だったりします。

宮崎県特産の切干大根を干す風景

ドライの加工って、料理するよりはハードルが低いように思えます。
私も実験みたいなことをしてみたりしています。

フルドライのような形で商品を作れれば、郵送手段はクール便では無くなりますし、軽くなり郵送コストが下がります。
加えて、ドライという一手間も加わっています。
妄想ですが、自分の農業の6次産業化は必須ではないだろうか?と思ってしまいますよね。