野菜の種類と分類

家庭菜園

野菜の分類

野菜とは、主に副食物として用いる目的で栽培する草食性植物のことです。

ビタミン、ミネラル、食物繊維などを含み、私たちの健康を保持・増進する補給源として欠かさない食品です。

その野菜の主な分類法には、

植物学的分類」と「園芸的分類」の2種類があります。

例えば、トマト、ナス、ピーマン、ジャガイモは全てナス科になります。

そして、同じ科の野菜を栽培すると連作障害などが起きてしまうので、分類を把握しておかねばなりません。

先に連作障害の説明から

連作障害には、主に下記があります。

つる割れ病・・・下の歯から徐々に枯れて全体に広がっていく
例:キュウリ、メロン、スイカetc

センチュウ、ネコブセンチュウ・・・根に寄生すると小さなコブができ、水分や養分の吸収を妨げる
例:キュウリ、ピーマンetc

青枯病・・・・・・・・・・・・・葉が青いままでしおれる。高温期に発生。
例:トマト、ナスetc

萎凋病、半身萎凋病・・・・・・・下から上へと萎れ枯れ、半身が先にしおれる。
例:トマト、ナスetc

立枯病、立枯性疫病・・・・・・・全体が黄色になり、萎れていき、やがて枯れる。
例:エンドウ、ピーマンetc

根コブ病・・・・・・・・・・・・根にコブができ腐敗していき、上の生育を阻害する。
例:小松菜、キャベツetc

主な休栽年限は、

1年・・・・・・春菊、ねぎ、ほうれん草、ミツバ、ショウガ、セロリ、キャベツ、レタスetc

2年・・・・・・ジャガイモ、キュウリ、山芋、白菜etc

3年〜4年・・・里芋、トマト、ピーマン、そら豆etc

5年・・・・・・ゴボウ、スイカ、ナスetc

障害が少ない・・にら、人参、かぼちゃ、さつま芋、トウモロコシ、玉ねぎetc

植物学的分類とは?

植物学的分類に分けると、下記のようになります。

アオイ科・・・・・オクラetc

アカザ科・・・・・ほうれん草etc

アブラナ科・・・・カブ、カリフラワー、キャベツ、小松菜、大根、白菜、ブロッコリーetc

イネ科・・・・・・トウモロコシetc

ウリ科・・・・・・かぼちゃ、キュウリ、スイカ、ニガウリ、ヘチマ、メロンetc

キク科・・・・・・ゴボウ、春菊、レタスetc

サトイモ科・・・・サトイモetc

シナノキ科・・・・モロヘイヤetc

シソ科・・・・・・シソetc

ショウガ科・・・・ショウガ、ミョウガetc

セリ科・・・・・・明日葉、セロリ、人参、パセリ、ミツバetc

ナス科・・・・・・ジャガイモ、唐辛子、トマト、ナス、ピーマンetc

バラ科・・・・・・いちごetc

ヒルガオ科・・・・さつま芋etc

マメ科・・・・・・インゲン豆、枝豆、エンドウ、そら豆etc

ヤマノイモ科・・・山芋etc

ユリ科・・・・・・アスパラガス、玉ねぎ、にら、にんにく、ねぎ、らっきょうetc

園芸的分類とは?

私たちが野菜のどの部分を利用するか?という視点で分類することを園芸的分類と言います。

下記が園芸的分類の代表的な3類です。

果実や種子を利用する果菜類

果実・・・いちご、唐辛子、オクラ、ピーマン、オクラ、トマト、ヘチマ、かぼちゃ、ナス、キュウリ、ニガウリ、メロン、スイカetc

種子・・・インゲン豆、トウモロコシ、枝豆、エンドウ、そら豆

葉や花、茎を利用する葉菜類(葉茎菜類)

葉(結球)・・・・キャベツ、にんにく、らっきょう、玉ねぎ、白菜、レタスetc

葉(非結球)・・・ほうれん草、にら、ミツバ、小松菜、ねぎ、シソ、パセリ、セロリetc

花・・・・・・・・カリフラワー、ミョウガ、ブロッコリーetc

茎・・・・・・・・アスパラガスetc

根や地下茎を利用する根菜類

直根・・・カブ、人参、ゴボウ、大根

いも・・・さつま芋、ショウガ、サトイモ、山芋、ジャガイモ