黒電話の交換

その他の話

あらすじ

先日、祖父母家に行った際、祖母から相談を受けた。

ばあちゃん
ばあちゃん

電話が重かとよねー

さいしょさん
さいしょさん

えー、この黒電話まだ現役だったんだ!?

オーケーオーケー

シンプルな機能で、コンセントが要らない電話ね。

シンプルフォンの勧め

早速、Amazonで検索。

たどり着いたシンプルフォン。

なんて大きな数字なんだ!

最高、流石に押し間違えないだろ。

他のボタンは「保留」「キャッチ」「リダイヤル」「ハンズフリー」だけ。

欲を言えば、このボタンは全部要らないな。

コンセントも不要

そして、えっ?安っ!安すぎるだろ(笑)

衝撃の事実

早速電話を取り付ける

素晴らしい!!なんてシンプルなんだ!!

(やっぱ下のボタン要らねえな)

ばあちゃん
ばあちゃん

黒電話を返却しないとねー

さいしょさん
さいしょさん

えっ?これレンタルなの?

えっ?何十年お金払ってんの?

黒電話の返却の件をNTTに電話

領収書を調べたところ、レンタル代が200円ないくらいかかっていた。

仮に30年だとして、、

200円 × 12ヶ月 × 30年 = 72,000円

さいしょさん
さいしょさん

バカかよw どうなってんだよw

早速NTTに電話、返却袋を送るとのこと。

そして来た、返却袋

さいしょさん
さいしょさん

本当に来たよ、返却袋。これ回収するのかよ(笑)

まだ電話が高価な時代、おそらく電話を普及させるための方法として、

レンタルが開始されたんでしょうけど、この状況はどうなのよ??

 

幸い、祖父母の家は電柱の土地を貸していたようで、

黒電話分は余裕でペイしていたので、

まあ、なんか許せる感じはありましたが…ねえ。。。