【ネタバレ注意】ランウェイで笑って 7巻 感想

漫画の話

ランウェイで笑って 7巻発売

表紙は服飾芸華大学の「木崎 香留」「江田 龍之介」の二人ですね。

一瞬誰か分からんかったわ、君らこれからめっちゃ出てくるの?

そして、相変わらずの単行本の終わり方。

次が気になっちゃう、ずるい、毎回いいところで終わる。

また、この巻から監修もつくようになったとの事で、これから描かれる服も楽しみですね!

ざっくりあらすじ

主人公の育人(イクト)は、ファッションデザイナー志望の高校3年生。
母子家庭の長男で、ほのか・葵・いち花という3人の妹、謎の病気で入院している母親がいます。
まじでお母さんの病気は謎なんですけど、これは『四月は君の嘘』のカオリちゃんと同じで、謎でいいの、掘り下げちゃだめ!
まあ、母子家庭でお母さん入院しているから、貧乏なんですよ、主人公。
そんな主人公は服飾技術は、服を見ただけでその服のパターンをほぼ正確にイメージできるっていう凄い腕なんです。
そしてヒロイン、ルックスとスタイルは良いけど、身長は158cmハイパーモデルを目指す。
そんな主人公は、ひょんなことからヒロイン千雪(チユキ)の服を作ることになり…

生活苦の主人公がファッションデザイナーを目指し、
身長の足りないヒロインがパリコレモデルを目指す、
そんな物語です!

ランウェイで笑って 7巻ネタバレ

6巻の最後で、千雪と心(ココロ)がチームになってしまします。

しかも、心はトップを獲らないと、大学を辞めてモデルに専念することをマネージャーと約束してしまいます。

独りぼっちになってしまったイクト、
綾野遠に「デザイナーとして勝つつもりでいる!」と啖呵を切ったり、
龍之介にメンズの服を学んだり、
イクトの家族全員(母+3姉妹)のショー見学が決まったりして
ファッションショー当日になります。

観客の目を攫う木崎香留のショー、
そしてとうとう、イクトのショーが始まりました!

ここで7巻終わりです。

さいしょさん
さいしょさん

また良いところで終わりやがった。
はい、次も買います、楽しみです。