幻の栗 利平を食べる

農家活動

幻の栗 利平とは?

栗の種類の話はこの前しましたが…

この前の話のリンク→ https://saishoblog.jp/chestnut/

利平栗の特徴

時期:中生種(9月下旬から収穫)

大きさ:20~25g

色:黒褐色

味:粉質の果実は甘さがあり、蒸し栗におすすめ

特徴:肉質が脆い為、加工には適さない

栗の調理

今回は3種の栗の調理を

左から、「利平」「国見」「銀寄

国見」は加工栗なので、おそらく味は微妙。

銀寄」は利平と同じく、加工栗ではないので、美味しいはず。

私、大雑把な人間ですので、

ザルに「利平」を、その他はザルの外に入れて茹でる。

大雑把料理の手順

①栗が浸かるまで水を入れる

②中火で30分ほど茹でる(蓋する)

③適当に塩を入れて5分ほど茹でる(蓋外す)

④完成。

利平を食べてみた

利平」を半分にカット。

スプーンで食べる。

私、大雑把な人間でして、栗の皮むくのめんどい。

さいしょさん
さいしょさん

えっ?甘い!パサパサしてない!

水分を感じる、口がパサパサにならない!

さいしょさん
さいしょさん

いや、うまっ!!

栗って美味いんだ、知らんかった。

国見」を食べる。

さいしょさん
さいしょさん

あー、パサパサのボソボソやな。

これだよね、俺は今までこいつらばっか食べてきたわ。

まあ、加工に適してる栗だからな、しゃーない。

銀寄」を食べる。

さいしょさん
さいしょさん

おー、美味い!

でも、利平の方が甘味あるなあ。

パサパサボソボソしてない、これも美味い!!

利平も銀寄も出荷はしないので、どんどん食べてしまおう!

 

秋はええなあ、柿もあるしなあ。(家の裏の山)