趣味の園芸 レモンバーム編

家庭菜園

せっかくの田舎

せっかく田舎にいるのだから、”田舎だからこそ“というのには、どんどん手を出していきたいですよね。

何をしようかな?

そう思いながらコップのハーブティーを飲んできたら、

ああ、ハーブを作って自分でハーブティーを淹れよう

そう思いました。

よし、ハーブについて勉強だ!

ハーブの種類

どうカテゴライズするのか?というのは何をするにしても、とても重要なことです。

ハーブを購入する場合、「宿根草」「多年草」「一年草」という札がついているのが一般的なようです。

宿根草(しゅくこんそう / しゅっこんそう)

多年草の一種。

毎年花を咲かせる草花や球根植物のであり、生育に適さない時期になると地上部が枯れてしまうことが特徴。根は残っているので、翌年再び花を咲かせる。

例:

多年草

数年に渡って枯れず、毎年花を咲かせる植物の総称。その中でも根だけが残り、生育期が終わると地上部が枯れてしまうものを、宿根草と区別する。また、常緑で地上部分が一年中枯れないものを多年草と呼ぶこともある。

例:

一年草

1年のうちに発芽から開花・結実までのサイクルが終わる草花のこと。生育スピードが早く、花が咲いた後は枯れてしまうことから、管理が簡単なことがポイント。また、丈夫で育てやすい種類が豊富なことから、ガーデニング初心者にもおすすめ。

例:

早速、実践

さて、早速実践です。

もちろん、種を買って植える事からはじめていきましょう!

別に失敗しても良いんです、種は高価なものではありませんから。

失敗したら経験から学べばいいだけです。

という事で、土を作りました。

そして、土を分けて、「レモンバーム」の種を植えていきました。

今回は、これを購入しました。

レモンバームとは

レモンバーム(英語:Lemon balm、和名:セイヨウヤマハッカ、学名:Melissa officinalis)は、シソ科の多年生のハーブです。

種蒔きは、4月、5月、9月

花時は、6月〜8月

収穫時期は、4月〜11月 です。

ちょっと種蒔きには早いのですが、時間があるときに、と思い今回挑戦してみました。

何より、レモンバームは強いんですよ。

非常に耐寒性に優れており、雪が積もる頃に出た葉が雪の下で枯れずに冬越しするそうです。

また、荒地でもよく育つので、手が掛からないとも言われています。

そう、初心者にはうってつけです!

薬効は?

  • 記憶力を高める効果
  • 慢性の気管支炎や熱、頭痛に効く
  • 入浴剤としても使用され、肌をなめらかにする効果もあるとされている
  • 精油には抗うつ、鎮静、血圧降下、抗菌、抗ウイルス作用があり、子宮を強壮する作用も持つ

 

個人的には、水に入れてハーブ水として飲むのが楽しみです。

その葉っぱはシトラールを含み、ハーバルでフローラルなレモンを思わせる香りがするそうです。

ああ、楽しみだなあ。