栗部会に参加してきた

農家活動

栗部会とは?

どうも、さいしょです。
栗部会に参加してきました。

栗部会とは、栗の生産者さんたちの勉強会です。
市内の栗の生産者さんやJAの人が集まり、栗について勉強をするのです。

ちなみに、今回の勉強は「選定の仕方」です。
人数が多い関係で2回に分けられており、昨日は30人ほど、本日は40人ほど参加していました。

えっ?栗の生産者ってそんなにおるんか!?
不参加の人を考えると、100人近くいそうですね。
田舎の農道に車の列ができていた光景は、ちょっと衝撃でした。

まあ、JAに出荷している以上、みんなで同じものをいいクオリティで作っていく、というのが一番いいですからね。

栗の木の剪定方法は?低樹高栽培を目指そう!

まず、栗の剪定は葉っぱが落ちた頃にするのがいいと言われています。
それは木が冬眠に入り、栄養を蓄える時期になるからです。
木が活動中に枝を落としたりしたら、木に負担がかかるのです。
当然ですが、木も生きているわけですね。

そして、目指す完成系は、低樹高栽培です。
樹を低くして、たくさん栗を作ろう!ということです。
この理由は、
– 樹の高さが高いと収穫が困難なこと
– 樹の高さを低くすることで風の抵抗を少なくすること
– 樹全体に光が当たるため、実りがいいこと
– 農薬の散布効果がいいこと
などがあります。
より詳しい情報は、下記リンクをご確認ください。

くりの低樹高栽培|農作業アドバイス|JA埼玉中央
東松山農林振興センター 1 剪定の必要性 くりは、管理せず放任していると樹高が高くなり剪定等の作業がしにくいばかりか、結果枝が弱くなることや病害虫の発生も助長...

早速実践!栗の選定開始!

栗部会の会長の栗畑へ。

簡単な挨拶の後、地区ごとに別れ、早速実践へ。

やはり高齢の方が多いのは気になりました。

周囲があまりにザクザクと切っていくの驚きました。
判断が早すぎる(笑)
「人の家の樹だから、躊躇しない。
 そのお陰で理想に近い剪定ができている。
 自分の樹を切るときは、勿体無さを感じて躊躇してしまう。」

とのこと。
ものは言い様だなあ。

気になる栗の収穫量は?利益ってどうなの?

この栗畑は5反です。
今回の収穫量は、2トン200キロだったそう。
この辺はキロ500円ですので、110万円ですね!

栗の生産をしていると、1反400kgを超えるか?というのが1つのボーダーです。
ここの栗畑は超えていますね。
ちなみに、下記リンクの本の栗の先生は、最高1反770kgとのこと。

時期の問題もあるのですが、本書くレベルの人は凄まじいですね!

玄人の剪定した樹

ちなみに、県の玄人の方々も視察にきて剪定をしたとのことで、それを見て勉強させていただきました。

Oh,めっちゃ切るやんけ
こんな切らなあかんもんなんか?
うちの栗の木の剪定はもう終わったのだけれど…
これ見るともっと切らなきゃ!って思っちゃうよなあ。

うーん…難しいですね。
私もこれから毎年栗の木と向き合って生きていくのでしょうなあ。