【ネタバレ注意】紅殻のパンドラ 14巻 感想

漫画の話

祝 14巻発売

新刊出ましたね、「紅殻のパンドラ

表紙は、クラリオンです。

一見可愛らしい表紙ですが、この漫画の原作は士郎正宗です。

「攻殻機動隊」や「アップルシード」然り、いちいちおもしろい。

そして、この表紙でクラリオンも歩き出しましたね。

生まれて、這いずって、コード千切って、立ち上がり、歩き出しましたね。

これまでの表紙

紅殻のパンドラ これまでのあらすじ

ラブリュスケリュケイオンに殺されたロバートは、キースの『クレイドル』によって生命維持と急速な再生治療を施される。

キースによるとポセイドン
『智恵の実』を食べてしまった人類が『科学の力』で『世界平和』へと辿るシステム、「アポルシード計画」を実行しようとしているらしい。
しかし、詳細は知らない。

その一方、ネネクラリオンフォボスの3人はタクミの持つ島でバカンス。
民芸品の販売を手伝ったネネクラリオンは、民芸品売り子の忘れ物に気付く。

忘れ物を届けに、クラリオンフォボスは、自然主義者の村「シリアーズ特区」へ行く。
そして、「シリアーズ特区」で民芸品を作っているイシャイヤ師匠は、プロセルピナの父親だった。
この父親、ステージ3の肺癌だと判明。
しかし、このイシャイヤ師匠は、自然主義者ということもあり、医者嫌。
弟子のミゲイコは、このままでは師匠のワザを残せないと嘆く。
クラリオンフォボスに協力を要請、師匠の模倣子(ミーム)、作業動作データを作成、ミゲイコに渡す。
プロセルピナロバートと付き合っている事を父親イシャイヤに告げたのだった。

さいしょさん
さいしょさん

遺伝子以外の進化的要因、模倣子(ミーム)。

ミーム(meme)とは、会話などを通して人から人へと伝わる情報です。例えば、伝統や風習、慣習、常識、知識、振る舞い、技能などの情報です。作中では、魂のミトコンドリアと表現されています。

模倣子を得たからこそ、人類は神も思想も科学も手に入れたのでしょう。

紅殻のパンドラ 14巻ネタバレ①荒巻の孫登場

ホテルの外に出たネネブエルは、トト先生と出会う。

トトは荒巻の孫リオの全身義体の実験にビーチへと来ていた。

リオは適合者(アデプタ)ではなく、身体を殆ど動かせない。

その為、義体操作の練習として、海でのイルカ型の全身義体での実験に来ていた。

全身義体で同年代ということもあり、仮想空間で打ち解けるリオネネ

そして、遊泳の実験が始まり、急遽トラブルが発生、実験を中止することに。

リオのもっと泳ぎたいという想いを叶える為、ネネはパラメーターの制御を手伝うが…

システムの全制御をやってのけ、二人で遊泳を楽しむ。

しかし、ひとつの義体にふたつの魂が入り込んだ為、リオネネの精神融合が始まる。

ブエルの一声によって我を取り戻し、事無きを得る。

紅殻のパンドラ 14巻ネタバレ②

ネネブエルに合流したクラリオンフォボス

ブエルに会いに、ポセイドンの自動陸上戦艦のセントラルナーバスユニットのアスタロトがやってくる。

アスタロトの話から

ソロモンシリーズ:ブエルアスタロトベルゼブブ(巨大自動空中戦艦)他にも…

がおり、アポルシード計画の為に作られたことが発覚する。

また、身体の調子の悪いフォボス、時折活動が停止している。

一方、ロバートの死を知ってショックを受けるプロセルピナキースに誘拐される。

ロバートと会ったプロセルピナは、キース
「彼の為に世界を敵に回す覚悟があるかね」
と問われるのであった。