狩猟試験に向けて狩猟可能鳥類をまとめてみた

狩猟活動

今週は狩猟のわな免許の試験があります。
ということで、いろいろ覚えなきゃならんのですが、まだ勉強していません。
絵を眺めていてもピンとこないので、調べて一言添えてみました!

狩猟鳥類1(陸ガモ類)

マガモ

一般的なよく見るカモですね。
ウィキペディア先生によると、カモ肉の中で”肉は質”と”肉の量”が最高位だそうです!

マガモ - Wikipedia

カルガモ

黒っぽいカモですね。
ウィキペディア先生によると、肉の質はマガモ並みとのこと。

カルガモ - Wikipedia

ヨシガモ

頭がミドリ色のカモ。
見かけないと思ったら、日本では北海道のみの模様。

ヨシガモ - Wikipedia

コガモ

頭オレンジで目の辺りが緑のカモ。
先生によると、雄は「ピリピリッ」と鳴き、雌は「クゥェックゥェッ」と鳴くそう。
随分個性的ですねえ。

コガモ - Wikipedia

オナガガモ

尻尾が長いカモ(オスの)。
肉は食用だが、その味はマガモに比べて水っぽく、劣っているらしい。

オナガガモ - Wikipedia

ヒドリガモ

オレンジっぽい、ヒドリ(火鳥)カモで覚えよう
肉は臭みがあるのであまり食べられないらしい。

ヒドリガモ - Wikipedia

ハシビロガモ

特徴的な大きなクチバシが目印。
これも北海道のみの模様。

ハシビロガモ - Wikipedia

狩猟鳥類2(海ガモ類、ゴイサギ、バン、シギ類、カワウ)

ホシハジロ

頭オレンジ目が真っ赤。
これも北海道のみの模様。

ホシハジロ - Wikipedia

スズガモ

頭緑で目が金。
名前の由来は、飛ぶときの羽音が鈴の音に似ていること。

スズガモ - Wikipedia

キンクロハジロ

目が金、体は黒、キンクロ。
九州より北にいるらしい、どうりで見た事ない訳で…

キンクロハジロ - Wikipedia

クロガモ

真っ黒のクチバシ黄色!
これも北海道か…

クロガモ - Wikipedia

ゴイサギ

腹が白いサギ
見たことあるような、ないような…

ゴイサギ - Wikipedia

バン

鼻が赤い、黒いやつ!
江戸時代には「三鳥二魚」と呼ばれる、5大珍味の1つ!

バン (鳥類) - Wikipedia

タシギ

クチバシ長くて、体茶色い。
レッドリストの地域もあるやんけ…

タシギ - Wikipedia

ヤマシギ

クチバシ長くて、体白い。
君もレッドリストに入ってるやんけ…

ヤマシギ - Wikipedia

カワウ

ちょっと大きい黒い鳥。
暖かところにいるらしいけど、見た記憶ないなあ。。。

カワウ - Wikipedia

狩猟鳥類3(キジ類、キジバト)

エゾライチョウ

シチメンチョウが浸透するまでは、欧米ではクリスマスの最高のご馳走といえばこの鳥。

エゾライチョウ - Wikipedia

コジュケイ

こんな野生の鳥いる?見たことないんやけど。。。

コジュケイ - Wikipedia

ヤマドリ

群馬と秋田の県の鳥。

ヤマドリ - Wikipedia

キジバト

君のことはよく見るわ。

キジバト - Wikipedia

キジ

今後、もし鉄砲の免許取ったら君に会いに行くわ。

キジ - Wikipedia

狩猟鳥類4(ヒヨドリ、スズメ類、ムクドリ、カラス類)

ニュウナイスズメ

東日本のスズメさんですか。

ニュウナイスズメ - Wikipedia

スズメ

最近、明らかに数減りましたね。
京都の伏見に名物と言ったら、スズメの丸焼きですよね!

スズメ - Wikipedia

ヒヨドリ

「ヒーヨ! ヒーヨ!」と甲高く鳴くことから、和名に由来するのでは?の説がある鳥。

ヒヨドリ - Wikipedia

ムクドリ

これがムクドリなんだ、知らなんだ。

ムクドリ - Wikipedia

ミヤマガラス

クチバシがちょっと白いやつね。

ミヤマガラス - Wikipedia

ハシブトガラス

日本では、「北海道の一部」「秋田県」「長野県」「岐阜県」などで食用にされていた。

ハシブトガラス - Wikipedia

ハシボソガラス

いわゆる、一般的なカラスがこれですね。

ハシボソガラス - Wikipedia