栗の収穫終了

農家活動

栗の収穫時期 終わり

栗の収穫が終わりました。

だいたい8月下旬から早生種の収穫が始まり、中生種が10月の初旬までかかりましたね。

うちには晩生種がありませんので、収穫時期はもう終わりです。

作物はできる時期により、早生中生晩生と言います。

字の通りで、早生 > 中生 > 晩生 の時期で早い順になります。

栗の晩生種だと10月下旬まで収穫が続きます。

栗って儲かるの?

結局のところ、聞きたいのってここですよね?

この辺だと、キロ単価500円になります。

収穫量として、1反 400kg 安定を目指す感じになります。

すごい人だと、1反 770kg 取れるみたいです。

つまり、この辺だと

1反 = 400kg × 500円 =200,000円

というところですね。

桃栗三年柿八年 というけど…

これはその通りで、栗は1年目、2年目は収穫しません

仮に実ったとしても、今後の収穫の為に間引くのが正しいと言われています。

そして、3年目1反 400kg 収穫できるか?

というと全然足りません

まだ3年生の木は、まだ小さいのです。

1反 400kg の収穫は10年近くは必要だと思います。

栗、コスパ悪くない?

これだけ見ると、他の作物を育てた方がいいと思います。

しかし、栗の最大のメリットは、

他の作物に比べて、圧倒的に手がかからないことだと思います。

まず、木を植えるタイプの農業は、長期間植え替えを必要としません

それに、連作障害を気にする必要もありませんしね。

そして、農薬の手間も、肥料の手間も、おそらく他の作物に比べて少ないです。

だから、私のような

兼業で農家をしている人

多くの農業知識を持たない人

決まった時期だけ頑張って働きたい人

にはオススメのような気がします。

私が勉強した本は2冊になります。

丁寧に書いてありますので、始める方がいれば参考にするといいと思います。