【ネタバレ注意】ディメンションW 15巻 感想

漫画の話

祝 ディメンションW 15巻 発売

新刊出ましたね、ディメンションW

表紙は、ノーヴェウーノ(エリザベス・グリーンハウ=スミス)

エリザベスの昔の姿、全然ちゃうやんけw

ディメンションW 前回のあらすじ

ミラの『姉妹』を回収する為、『シンジケート』がサルバ王子の元へやってくる。

コオロギの突き止めた真実では、『姉妹』の二重コイルが揃った時、一つの完全なるコイルになるらしい。

サルバ王子の部下、ルワイ王子アルベルトは、『シンジケート』を迎え撃つが破れてしまう。

一方その頃、キョーマエリザベス、警察官の兄妹はエリザベスの出身地に迷い込む。

また、そこには他の回収屋も紛れ込んでいた。

また、ミラカールセン博士に囚われている。

ディメンションW ネタバレ①ノーヴェVSエリザベス

エリザベスは、10歳まで他の子供たちと同様に施設にいたが、外の世界を知りたくて脱走、成功する。

その際、一緒に頑張っていたノーヴェとの間に確執が生まれてしまう。

ノーヴェの才能は、『必要としているものを見つける』事だった。

エリザベスを居なくなり、ノーヴェは訓練で脚を喪失、機械化したとのこと。

エリザベスは追い込まれるも、兄妹の協力もあり、かろうじてノーヴェを倒す。

しかし、自分も倒れてしまう。

ディメンションW ネタバレ②キョーマVSヴェンティ

キョーマエリザベスたちを残し、ミラの元へ向かう。

ヴェンティと戦闘、対話をしながら、明かされていく百合崎博士の計画。

『グレンデルの獣』は、博士が才能ある人間を囲うためのものだった。

崩壊する地球を捨て、別の星にゲートを開き、そこに移住する計画、箱舟(アーク)計画。

そして、その鍵はミラである。

シンジケートは、アーク計画を実行のために動いていることが判明、その発案者は百合崎博士。

ヴェンティは、移住する資格があるというのなら、それを示してみろとキョーマに告げる。

ディメンションW ネタバレ③ ドレイクとミラ

ドレイクは『姉妹』を持ってミラの元へ辿り着く。

これから、地球は『全球凍結』、全てが凍っていくという。

そして、地球を捨て他の惑星にいくアーク計画の話をミラにする。

そして、真実が知りたければこの船の最後の封印を解け、とミラに告げる。