栗の木の剪定

農家活動

栗の木の剪定(せんてい)

ネギの収穫が終わり、次は栗の木の剪定です。
今年のネギは育ちがよかったようで、早々に収穫を終えることができました。
栗の木は落葉期の終わりを迎えています。
一般的に、葉が落ちたら剪定をはじめていきます。

それにしても、都会にいると忘れがちですが、冬はやはり死の季節ですね。
そして、春は再生の季節、ということも3ヶ月後には思い出すのでしょうね。

Before

これは4年目の木です(多分)
山火事の跡地を整備→栗の植林、とやっておりますので、後ろの方はまだ整備が済みきっておりません。

さて、栗の木ですが、枝が四方に伸びまくっております。
これをどう伸ばすのか?を考えて剪定していくことになります。
盆栽をイメージすると、何をやっているのかイメージしやすいかもしれません。

After

結構スッキリしましたね。
これより大きい木や小さい木など、200本程剪定してあげなければなりません。
また、植林の為の山の整備もしなければです。