自然卵養鶏法

その他の話

ニワトリを飼いたいなあ

小学校の頃、私の家の庭にはニワトリ小屋があった。

それはいつも間にか無くなってしまったが、せっかく地元に戻ってきたので、

ニワトリを飼いたいなあ、と思ったので勉強をしてみた。

父親に相談してみたところ、これをやってみたかった、

「増補版 自然卵養鶏法」中島正 著 と本を受け取った。

中島 正という人物

中島 正(1920年 – 2018年)は、農業者、農業指導、自然卵養鶏法創設者。

経歴

陸軍工科学校を卒業。

台湾軍に所属し、台湾軍司令部に勤務。

戦後、郷里し小規模農業の平飼い養鶏農業を開始。

自然卵養鶏を実践・提唱。

60年以上農業を続け、自給自足農業。

人物

薬を与えず自然を与えよ」の考えを実践、自然環境の中で生かした自給自足・小規模養鶏を行う。

後に自然養鶏と呼ばれ、生産された卵は自然卵と認知され、それが自然養鶏交流会が母体となり、全国自然養鶏会が結成された。

安藤昌益の研究家としても知られ、農耕をよりどころにする生き方を自ら実践し説いている。

安藤昌益(あんどう しょうえき)とは?

江戸時代中期の医師・思想家・哲学家。秋田藩出身。

思想的には無神論アナキズムの要素を持ち、農業を中心とした無階級社会を理想とした。

ウィキペディア参照 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E6%98%8C%E7%9B%8A

 

さいしょさん
さいしょさん

…なかなかどうして、癖の強そうな人やな。

国の中に個人がいるのではなく、個人の集まりが国になる

的な思想だろう。

さいしょさん
さいしょさん

つまり、みな農業者になればいい、というニュアンスが文体から醸し出されているだろうな。

組織を頼りにしないスタンスを提唱しながらも、進みゆく体制に対して、組織を作って対立の意志を示さざるを得なかった。

葛藤に苦しんでいたのだろうな、矛盾してしまっている。

さいしょさん
さいしょさん

よし!人物像は大体イメージできた、早速読んでみましょう。

(人物像を掴んでおかないと、癖が強い人には飲み込まれますからね…)

自然卵養鶏法を読んで

魅力的な人でした、ファンになってしまった。

それに、魅力を引いても、この手法は現状の自分にあっている

さて、事前の想像通り、

「企業養鶏倒すに刃物(政治力)はいらぬ。農家みんなが庭先に鶏を飼えば良い。」

という台詞が結構序盤に出てきました。

おもしろいですね、この方の思想はこの言葉に詰まっていますね。

何が自分に”あっている”のか?

①小羽数平飼い

そもそも大規模にやるつもりなど全然ない。

②自然卵

私は美味しい卵を食べたいだけである。
せっかくだから、いいものを食べたい。

③変化に対応するスタイル

例えば、鳥の餌は都度都度のブレンド(餌を買わなくていい)。
鳥の様子を見て、”何が足りないからこうする”というスタイルで運営する。

 

おそらく、最初はかなり苦戦するでしょう。

でも、こういう変化に対応するスタイルは、きっとやり甲斐がありますよ。

さて、まずは鶏小屋の準備をしなければですね。。。