栗の種類

農家活動

栗の種類

当たり前ですが、栗の種類は色々とあります。

大きさ、色、味、収穫量、育成場所、加工に適している etc

また、最近では「ぽろたん」「ぽろすけ」などの、皮が剥きやすい栗も出てきています。

まあ、でもせっかく食べるなら”美味しい栗“を食べたいですよね?

味の順位

下記の本を参考にした、味のカテゴライズになります。

最上位

利平、人丸

最上位〜上位

秋峰、銀寄

上位

筑波、紫峰

上位〜中位

石鎚、岸根、伊吹

中位

丹沢、出雲、大峰、

中位〜下位

国見

幻の和栗 「利平」

生産性が難しい為、「幻の和栗」とも称され、その美味さから「栗の王様」と言われています。

うちにも数本あります。今季、食べるのが楽しみです。

しかし、私の父親曰く「美味しくない、銀寄の方が美味しい。」とのこと。

利平の情報

時期:中生種(9月下旬から収穫)

大きさ:20~25g

色:黒褐色

味:粉質の果実は甘さがあり、蒸し栗におすすめ

特徴:肉質が脆い為、加工には適さない

さいしょさん
さいしょさん

めちゃくちゃ美味いです!

栗ってパサパサボソボソしてる印象あると思いますが、

全然してません。そして甘い!

甘味の強い 「銀寄」

粒が大きくつやがあり、味は甘味が強く非常に品質が高い品種。

時期:中生種(9月下旬から収穫)

大きさ:20~25g

色:暗褐色

味:粉質の果実は甘味が多く風味も豊か。

特徴:貯蔵性は劣るため、加工用品種としては不向き

さいしょさん
さいしょさん

これも美味しい!

利平の下位互換という感じだけれど、

今まで食べた栗と比べたらかなり美味い!

丹沢

時期:早生種(8月下旬から収穫)

大きさ:20~25g

色:淡褐色

味:果実は粉質で、甘味と香りは控えめ

特徴:品質に優れている

さいしょさん
さいしょさん

品質に優れているらしいが、割れの割合が3割を越している印象。

加工栗なので、当然そのままは美味しくない。

パサパサ、ボソボソしている。

国見

時期:早生種

大きさ:25g前後

色:褐色

味:甘味と風味は少ない

特徴:甘露煮などの加工用として使われる

さいしょさん
さいしょさん

めちゃく大きい!

殻が閉じた状態で落ちるので、悪い製品が少ない印象。

ただ、木の成長は遅い印象。

紫峰

時期:中生種(9月下旬から収穫)

大きさ:28g前後

色:褐色

味:甘味と香りは中程度

特徴:豊産性でクリタマバチへの抵抗性が強い

筑波

時期:中生種(9月下旬から収穫)

大きさ:20~25g

色:赤褐色果

味:甘味のある果実は粉質で香りが良く品質が高い

特徴:貯蔵性が良く加工用原料として使われる