【ネタバレ注意】BEASTARS10巻 感想

漫画の話

祝 10巻発売

新刊出ましたね、「BEASTARS

表紙は、イブキです。

インテリ感がかっけえっすね!

BEASTARSとは?

BEASTARS(ビースターズ)とは、板垣巴留により『週刊少年チャンピオン』連載中のマンガです。

ズートピアみたいな世界観で、学生のハイイロオオカミが主人公の話です。

肉食と草食の葛藤思春期の葛藤社会への葛藤etc

非常によく描かれています。

あらすじ

全寮制の中高一貫のエリート学校「チェリートン学園」。

主人公のハイイロオオカミ「レゴシ」は、この学園の演劇部に所属している。

ある日、演劇部のアルパカのテムが、肉食獣に殺されるという「食殺事件」が発生した。

警察の見解では学内の肉食獣が怪しいとのことで、肉食獣と草食獣にの間に不穏な空気が流れる。

 

また、新入生歓迎公演「アドラー」に出演予定だったテムの死により、演劇部は代役の練習を夜間にすることに。

レゴシは演劇部の役者長アカシカの「ルイ」に見張りを頼まれる。

見張りの最中、動物の気配を感じたレゴシは、肉食獣の本能に従い、その草食獣を捕える。

そして、捉えたと同時に、激しい食肉衝動に駆られる。

幸い、ルイたちのトラブルにより、食殺をせずに済む。

 

それから暫くして、レゴシは園芸部のウサギの「ハル」と出会う。

彼女が、あの夜レゴシが食べようとした草食獣だった。

そして、レゴシはハルと交流を重ねていくうちに、彼女に恋愛感情のようなものを覚えていく。。。

BEASTARS10巻 ネタバレ含む

イブキの魅力に惹かれ、

キビの優しさに感動し、

リズの歪さに不快感を覚え、

レゴシのおじいちゃんに驚き、

ゴウヒンの生き方に心を震わせ、

ピナの格好良さに惚れ、

レゴシの奇行っぷりに呆れる。

そんな10巻でしたね。