イスラエル&パレスチナで出会ったバンクシーの絵

世界一周の話

バンクシーの絵、約1億5000万円で落札された直後に自壊する

10月5日、Banksyバンクシー)がまた面白いことをしましたね。

バンクシーとは、風刺的な絵を描く覆面アーティストです。

その作品である、

GIRL WITH BALLOON

104万2000ポンド(約1億5000万円)で落札された直後、額縁に仕掛けられたシュレッダーによって自壊しました。

下記は公式サイトより、動画になります。

Sotheby's, October 5th 2018
さいしょさん
さいしょさん

少女は手を伸ばすが、風船は飛ぶ。

絵画を落札するけど、絵画は壊れる。

アートだ、最高にクールだ。

イスラエル&パレスチナを旅していた時にバンクシーの絵に出会う

私、バンクシーのファンなんですよ。

きっかけは、22歳の時、中東を旅していた頃です。

「いい絵があるから観て回ろうぜ!」とバックパッカーに誘われ、

タクシーをレンタルしてバンクシーの作品を観て回りました。

風刺的な絵が本当にクールで、ハマってしまいました。

ちょっと私の撮った写真を紹介します。

軍人を調べる少女

心臓を狙われる平和の象徴のハト

花束を投げようとする青年

さいしょさん
さいしょさん

どれもこれも、皮肉が効きすぎて最高ですよね!

しかもこれ、パレスチナで書かれているんですよ!?

バンクシーの絵を案内してくれた運転手

イスラエル、パレスチナというと、まあ難しい国です。

私たちをタクシーで案内してくれたおじさんの従兄弟は、

15歳の時にセパレートウォールに石を投げて射殺されたと話してくれました。

セパレートウォールっていうのは、

こういうイスラエルとパレスチナを隔てる壁です。

2002年から建てられ続けている壁の高さは8m。

壁には、沢山の自由を訴えるグラフィックアートが書かれています。

好奇心が旺盛でしたので、パレスチナ自治区の難民キャンプ地へ行ったりもしました。

まあ、明らかに歓迎されていなく、嫌な観光客をしてしまったな、と申し訳ない気持ちになりました。

あれから7年、いいニュースは聞きませんね。。。

あのおじさん、めっちゃ良い人だったなあ、元気かなあ?